自社工場

HOME » 自社工場

自社工場のご紹介

自社工場

さくら産業株式会社では、自社工場の徹底した管理の下、安心安全な商品をお客様に提供しております。

用地 17094.47平方メートル
建物(延べ床面積) 13036.52平方メートル

布団が出来るまで

さくら産業の布団の品質の秘密

当社の布団は、固わたの成型から始まるすべての工程を自社工場で行っております。その布団が出来るまでの流れを簡単に説明します。

固わたの成型
固わたの成型 ※掛布団は行いません

敷き布団の中芯であるポリエステル固わたを作ります。原料の投入から完成品までの検査を丁寧に行っています。

打綿作業
打綿作業

巻わたを作ります。原料を投入し、できわたをほぐし、巻わたとしてのサイズに成型します。

綿入れ
綿入れ

巻わたを作ります。原料を投入し、できわたをほぐし、巻わたとしてのサイズに成型します

縫製
縫製

中わたがズレないようにするため、側生地と中わたを縫い合わせます。ここまでくると、だいぶ布団らしくなってきます。

ヘム付け作業
ヘム付け作業 ※掛布団は行いません

上下の側生地を側面で縫い合わせる口縫いという工程を経て、ヘム付けを行い側部の縫い合わせ部分を補強します。布団としてはここで完成。これから厳しい検査が待っています。

検針機
検針機

製造工程も大事ですが、ここからはさらに重要です。出来上がった布団に針や金属片などが混入していないかを検査します。

完成品検査・梱包
完成品検査・梱包

最後にもう一度、外観等の検査を行い丁寧に梱包して出来上がりとなります。

最後に・・・

今回説明をさせていただいた流れは、あくまでも大まかに説明をさせていただきました。この他にも、たくさんの作業や検査の工程を経て、お客様のもとに届く布団は完成します。

どの工程に携わる社員も、一つ一つの作業を丁寧に行い、高い品質を保つことにこだわりと誇りをもって働いています。

そんな厳しい目を持った社員が作り出す「こだわりの布団」それがさくら産業株式会社の布団です。

設備紹介

固綿専用設備

固綿成型熱処理機

固綿成型熱処理機

固綿成型熱処理機

固綿成型熱処理機

固綿成型熱処理機 2ライン
ニードルパンチ加工設備 1台
打綿専用設備
タフトブレンダー機

タフトブレンダー機

カード打綿機

カード打綿機

自動綿入れ機

自動綿入れ機

自動綿入れ機

自動綿入れ機

自動綿入れ機

自動綿入れ機

セミオート固綿敷布団製造ライン(掛布団兼用) 1ライン
タフトブレンダー機 3台
カード打綿機 4台
スチーム&ドライ 1台
連結自動綿入れ機 2台
半自動綿入れ機 2台
多種ミシン
NCコンフォーター

NCコンフォーター

アドラーミシン

アドラーミシン

高速口縫い用ミシン 11台
ロングアーム高速口縫いミシン 2台
縦型口縫いロックミシン 2台
周り縫いミシン(2本針装備変更可) 1台
NCコンフォーター 10台
多頭式ミシン 2台
サンゴキルトミシン 2台
リング縫いミシン(小物用)
ヘム付けミシン 11台
ロングアーム補修ミシン 1台
多種検針機
検針機

検針機

大型検針・金属探知機 3台
大型検針機 1台
小型検針機 1台
据置型小型検針機 1台
ハンド検針機 3台
羽毛専用設備
羽毛パワーアップマシーン

羽毛パワーアップマシーン

羽毛パワーアップマシーン

羽毛パワーアップマシーン

羽毛パワーアップマシーン

羽毛パワーアップマシーン

羽毛パワーアップマシーン 1台
製品徐塵機 1台
羽毛自動計量充填 3台
その他設備
梱包作業

梱包作業

梱包作業

梱包作業

半自動長座布団綿入れ機 1台
長座布団角出し機 1台
製品プレス梱包補助機 1台
半自動梱包機 1台
全自動梱包機 3台
荷揚げ用リフト(1,000kg対応) 1台
ベルトコンベアー(平面移動用) 2台
ベルトコンベアー(荷揚げ用) 3台
フォークリフト 2台